目指せ読モ!自分史上最大のキレイを手に入れる方法
「読モになるには」「美容法」「おしゃれのセンスを磨くには」など紹介していきます。

おすすめのおしゃれセンスを磨く方法の1つに、シリーズ買いすることと、誌面そのものを買うことがあります。
時々、いつまでも古いファッションでいられない・・・街中でみたあの人のようなおしゃれになりたい・・・
と思うことがあると思います。
けれども、何も考えず、自分の感覚だけで、お洋服の買い物にいくと、
なんとなく選ぶお洋服や靴、バックは代わり映えなく、いつも一緒だったりします。

もしまわりに辛口の方がいらっしゃれば、
「え?似たようなの、持っているよね」と言ってくれるのかもしれませんが、
似ているだけで、ちょっと違うと言ったものの結局、その似たようなものを買っているのかもしれません。
例えば、マキシスカートにトライできる人って、長身の方だけだと決め付けていませんか?
これも、バランスで、トップスなどうまく組み合わせれば、長身でなくっても、
マキシスカートを着こなしたファッションがおしゃれに完成するのです。

読者モデルになるには、スカウトされるほど、なんとなく目をひくことはとっても大切になると思います。
人並みでは、人のうずにうもれていて、読者モデルとして人気は出ないと思います。
センスがいいというのは、1日2日で作られるものではありませんが、
やはり鍛えるということは充分可能になります。

例えばおすすめのお店があり、そこの店員さんに「私に似合うコーディネートしてもらえませんか?」と
お願いするのも、マンネリ打破にとっても効果的です。
けれども、そうするとそのお店の店員さんのセンス1つにすべてを頼ってしまうことになりますし、
せっかくおすすめしてくださっているのに、むげにもできず、
自分はしっくりこなくても買わずに帰ることができないなんていうこともおこってしまいます。
そこで、ファッションセンスを高める、オシャレを高めるために大切なのが、ページやシリーズ買いです。
雑誌を見て、手持ちにはないけれど、
こういうファッションしてみたいなあというものをいくつか持ち歩きます。

そして、それを見つけることで、一度試着してみるのです。
かりにそれがダメでも、それが、色の問題なのか?サイズの問題なのか?をよく確認して、
自分ですぐに「似合わない」と決めつけないことが大切になります。
そして、オシャレな人の特色の1つに、人間観察が好きだということもあります。
ただオシャレな格好をしているから、おしゃれにみえるわけではありません。
歩き方1つが不格好なだけで、ファッションをすべて崩してしまっていることもあるんです。
歩き慣れていないからといって、ヒールの高いくつでひざがまがり、
前かがみになり足が痛そうに歩いているのならすべてのファッションが台無しになってしまいます。
ですので、姿勢や歩き方も、そのファッションをどう見せるかも、
おしゃれにはとっても大切な要素の1つになります。
モデルとして撮影においては、どう自分を見せるかが大切になりますから、
日頃から、鏡の前で自分をよく見るというのも大切だと思います。

Tagged: ·