目指せ読モ!自分史上最大のキレイを手に入れる方法
「読モになるには」「美容法」「おしゃれのセンスを磨くには」など紹介していきます。

写真を撮る時、できるだけ可愛いくそしておしゃれに撮りたいとは思いませんか。
特に、自分撮りは顔の確認をしながら撮る事もできるのでお勧めです。
また、ちょっとした工夫をするだけで、いつもの自分よりももっと美しく、そしておしゃれに撮ることだって夢ではありません。
ではどのようにすれば良いでしょうか。

表情を上手に利用する

まず始めは、目を大きく開くという事です。
プリクラなどでも目が実際よりも大きくなる機能がついていますが、自分撮りの時も不可能ではありません。
まずはできるだけ目をパッチリを開いてみましょう。
そうするだけで、いつもよりも明るく元気そうな顔にも見えます。
またこの時は鼻からすっと息を吸ってみましょう。
そうすることで目力があるように見えるので、いつもよりも可愛い自分を撮る事ができます。
次に効果的な方法は、笑顔で撮影するという事です。
ムスッとした顔をしていると、どれだけ美人な人でもその魅力は半減してしまいます。
まずは笑顔で、そしてなるべく口角を上げるようにしましょう。
そうすると魅力的な顔にする事もできるし、何より好印象な顔になる事もできます。

撮影方法を工夫するのがおすすめ

真正面からではなく、斜め上から明るい場所で撮ってみましょう。
実際に上からと下から、両方から顔を撮ってみると分かりますが、上から撮る方が顔のたるみも減りきれいに撮れます。
またこの時は暗い場所ではなく、明るい場所で撮るようにしましょう。
暗いと余計なシワなどが強調されてしまうのであまりよくありません。
レフ板を使うのも良いのですが、自分で撮る時は白い紙やハンカチを使って、うまく光が反射するようにするのも効果的です。
小道具を持って撮るというのも効果的です。
自分の写真を撮りたい時、片手に何か小さな物を持ってみるのが良いでしょう。
ただ選ぶ物によってはその写真を見た人に良くない印象を抱かれてしまう事もあるので注意が必要です。
また顔の横でピースサインをするのも小顔効果が期待できますが、そのピースの形によって年代がばれてしまう事があるので注意しましょう。
最後は、カメラは固定してセルフタイマーを使って撮るという事です。
手振れ補正機能もありますが、どうしてもぶれてしまう事は少なくありません。
できるだけぶれないようにするためにも、三脚などを使ってカメラの固定をするようにしましょう。
またセルフタイマーであればちょっとしたブレも防ぐ事ができるようになります。
この時、できるだけ動かないようにするとより良い感じの写真を撮る事ができるでしょう。

このようにすると、自分撮りの写真が今までよりも格段に良くなりおしゃれになります。
いつもどのような感じで撮れば良いか分からないと思っている人は、試しにこれらの方法を試してみてはいかがでしょうか。

Tagged: ·