目指せ読モ!自分史上最大のキレイを手に入れる方法
「読モになるには」「美容法」「おしゃれのセンスを磨くには」など紹介していきます。

オシャレのセンスを磨くことの1つに、髪型のアレンジがあると思います。
髪型って、意外に飽きるのですが・・・大幅に変えることができなかったり、
変えたとしても、すぐに戻ってしまったりと、なかなか固定観念から外せないものの1つになります。
髪型だけは、お洋服と違い、もともとの髪質や髪の色により大きく変化しますし、
お洋服のように、着てみて似合わないからといって、翌日にはすぐに戻すことができません。

特に、カットだけなら、伸びるのを待てますが、カラーやパーマなどの場合は、
髪が痛みますから、ある一定期間はあけないといけないなど簡単にはいかない部分があります。
そんな髪型のおしゃれにおすすめなのが、コピーして自分の顔に当てはめる方法です。
髪の色を含め、髪型を含め、すぐさま変えられないものはまずは、トライしてみます。
そして、一番自分が納得した髪型にするのが、自分の落ち着くものになりますが、
もう1つのおすすめは、美容師さんと、包み隠さず相談することです。

よく芸能人の方の写真などは、恐れ多い恥ずかしいという理由で持っていかない方も多いといいますが、
遠慮せず、何枚か気になる写真を持参することをおすすめします。
そして、率直にいってもらうことも大切です。
髪型の中には、セットが必要なものもありますし、自分には手にあまるような髪型であれば、
イメージ通りにもなりません。

ですので、髪型のプロである美容師さんに、よくよく相談して、吟味することが大切です。
また美容院にいくと、とてもおしゃれな髪型をしている方が多いと思います。
お洋服のお店にいき、オシャレな人が多いのと一緒で、
彼らのセンスは、その分野ではとても鍛えられたものになっています。
特に、人気美容師などは、顔の輪郭や、ファッション、髪質などによって、
似合うもの、似合わないものがわかるといいます。
独りよがりにならず、その道のプロにしっかり頼り、
アドバイスを求めていくのは、とってもいいことなのかなと私は思います。

特に、髪型などは、なかなか自分の後ろ姿を見ることはできません。
正面からみるとオシャレでも、なんとなく猫背で、後ろからみると、
ぞろぞろと長い髪の毛が意外にだらしなく見えているということもありえるんです。
自分に見えないところこそ、こだわるのがおしゃれです。
そして、似合う髪型をしているだけで、一層その人のおしゃれセンスがあがるというものです。
それにより、自分に合ったファッションも、ぐっと幅がひろがったりします。
髪型の固定観念に問わられないだけで、おしゃれセンスがあがるというのは、
とっても大きなことだと思います。

また、髪型だけにとどまらず、髪がきれいということもあげられます。
いくらにあっていても、パサパサヘアーでは、なんとなく美しさにかけます。
ここは、まさに日頃の努力が必要になります。
ドライヤーの使い方、紫外線予防・・・。
常に美しさを意識することも、おしゃれセンスを高める方法の1つなのかもしれません。
いろいろこちらのサイトから勉強できる雑誌を見つけたいと思います。

Tagged: ·