目指せ読モ!自分史上最大のキレイを手に入れる方法
「読モになるには」「美容法」「おしゃれのセンスを磨くには」など紹介していきます。

いまでは英語の話せる綺麗なお姉さんでありながら、少年隊として多くのファンがいる東さんの奥さんでもあることもあり、物凄く好感度の高いタレント木村佳乃さんについて取り上げたいと思います。

帰国子女ということで英語は話せて当たり前だと思っていたら、外国に渡ったのは13歳の時でそれまでは私達と同じ日本育ちです。
アメリカに渡った当初は過酷な環境で2か月間英語漬けの毎日を送り、やっと話せるようになったそうです。
だから彼女が持っている英語検定準1級は、彼女の物凄い努力のたまものでもあります。

中学時代をアメリカで過ごし、高校は日本に帰り成城学園に入学して、読者モデルとしての活動を行っていました。
元々、読者モデルというのはファッション雑誌で女子大生やOLが、読者を代表して登場するモデルのことです。
スーパーモデルだと雑誌の読者との間に距離があり過ぎて、でも全くの素人が出ていくとビジュアルで貧弱に成り過ぎるところも有り、その中間的な位置付けでそれなりに重宝されています。

最近は読モなどと略されて、それ自体がブランド化しつつもあるのです。
他にも芸能人で読者モデル出身の方は多く、女性のみならず男性も数多く輩出しているのが特徴的です。
元来芸能界に入るための方法としてメジャーだったのはオーディションなどでしたが、最近ではその形態が変わってきていると言えます。
ある意味読者モデルというものは芸能界への登竜門へとなっているのです。

その後木村佳乃さんは読者モデルをしつつ、高校2年生の時に日本航空のCMにも出演しています。
その後は成城大学文芸学部英文学科にすすみ、芸能活動と並行して学業をすすめ無事卒業されています。

私が特に印象的だったのは、ロングランのTVドラマ「スチュワーデス刑事シリーズ」における佐藤瑠璃という役です。
このドラマはSeasonからSeason7まで続き、彼女は存在感のある役を立派にこなしていました。
また最近では あの大ヒットドラマ「相棒」の片山雛子 役 がとにかく格好いいのです。

あのスッキリした顔立ちと出てくるセリフ、杉下右京(水谷豊)とのサバサバとしたやりとりは いい意味で緊迫感があり相棒を見る時の一つの楽しみであります。
それと彼女は歌も歌っていたのは意外と知られていません。
いずれもポニーキャニオンから発売されていまして、シングルで「イルカの夏 」等6曲、アルバムは3枚出しています。

Tagged: ·