目指せ読モ!自分史上最大のキレイを手に入れる方法
「読モになるには」「美容法」「おしゃれのセンスを磨くには」など紹介していきます。

今、女子高生の間で大流行しているのが病弱メイクです。
日本の女子高生というのは発想が豊かでオシャレが大好きなお年ごろです。
女子高生が生み出したファッションは数知れず、今では国境を超えて支持されているのです。

そんな一風変わったメイクの火付け役となったのは、実は読モの女子高生だったのです。
読者モデルというのは、専属モデルではないものの、一般人でありながらオシャレ度が群を抜いて輝いている人たちをこのように言います。

彼女たちはオシャレのセンスが軍を抜いており、ファッションの流行の火付け役になることもしばしばです。
そんな読モが火付け役となった病弱メイクとは、まるで陶器のような色の白さで、その白さは病弱な肌の色を表しています。
昔から色白は七難隠すと言われるほど良いこととしてもてはやされますが、その上をさらに上回るのが別名、色素薄い系のメイクなのです。

このようなメイクは一体どのようにして作るかというと、とにかく美白をつくり上げることが肝心です。
10年移譲前にはガングロや山姥といった色黒が流行っていたことが嘘のように、今の女子高生の間では色白が大流行しています。

とにかく肌を日に焼かないことがモットーになるので、夏場でも日焼け対策には熱心な彼女たちなのであります。
さて、色素薄い軽メイクでは、ただ色白の美白を目指せば良いというわけではありません。
肝心なのは病弱フェイスです。
これはメイクによってつくり上げることが出来るため、比較的簡単です。

まず、眉は困り眉を作ります。
ブラウンペンシルを使って太く斜めにすることが鍵となります。
一昔はやった極細眉は影を潜め、優しそうで守りたくなるような太めの眉が再び流行しています。
また、目を大きくみせるためのアイメイクを忘れてはなりません。

黒目の上にだけアウトラインを入れるだけで、見違えるほど目が大きく見えるのです。
読モの女子高生たちは、この基本に加えて髪を黒髪にしたり、脱色をして金髪にして個性を出しています。
黒髪または金髪にすることによってまるでお人形のような雰囲気を出すことが出来るのです。

陶器のような肌にするためには、入念な下地メイクが鍵を握ります。
お肌の状態にちょっと自信がない時には、いつもより集めに下地メイクをすることによって透き通った陶器のような白い肌を実現することが出来るのです。
アイメイクはいつもより入念に行うことによってお肌の色とのコントラストを形成します。

Tagged: ·