目指せ読モ!自分史上最大のキレイを手に入れる方法
「読モになるには」「美容法」「おしゃれのセンスを磨くには」など紹介していきます。

私の美容法の1つに、足のむくみ取りがあります。

特に、私は、読者モデルを目指しているのもあり、
1番目につきやすい、
デコルテと首、そして足のむくみにはすごく気をつけています。

足でも、太もも以上って、最近はよほどうつる機会は少ないのかなと思いますが、
昨今、ミニスカートもはやっていますし、
ぴたっとしたパンツを格好よく履きこなすには、どうしても足のむくみはすごく邪魔になるのです。

毎日、ハイヒールを履けば、多少足も細く長くみえるので、とっても見栄えはいいのですが・・・
それをすればするほど、足にむくみがたまります。

足のむくみって、特にひざ下は、すごく目立つものです。

特に、むくまない状態を知らないひとは、それが普通でいいのかも知ませんが、むくむ状態を感じてしまうと、もうむくまない状態を維持したくなるんです。

以前、あるタレントさんが、
モデルになりたいと思ったのが、小学6年生だったとか・・・という話をしていました。
その方は、その当時にすでに、足のむくみに着目して、
足がむくまないように、
学校で体育があった日などは、特に念入りに足をマッサージしたそうです。

そのせいか、遺伝なのか、
それともなんなのか?私にはわかりませんが、
明らかに、足の・・・特にひざ下が、細くすらっとしてきれいだなあという足でした。

それを聞いて以来、
私も1年にかけて試してみました。
冬のバーゲンで、筒周りの細いブーツを購入したのです。
それもすぐに諦めがつくものではなく、
ちょっと高額なブーツを購入してみたのです。

もちろん、足首くらいからあがりません。
購入する時に、店員さんが、「いいんですか?」って言っていました。

「いいんです、これで」と意地になって買ってみたのですが、
その時は、本当にいいのかなって思いました。

でも、足ヤセって、すごく難しい箇所の1つです。
それを果たそうという目標をもつのは、すごく大切なことにその時は思いました。

太ももを痩せるのは、割と大きな筋肉があるので、簡単にいくのですが、ひざ下って、もっと言うと、足首って、一番細くなりにくい箇所だと思うんですよね。

そこで、買ってみたものの、
1年後の今、
某タレントさんの、むくみ取りだけを利用した結果、
体重はかわっていないのに、
そのブーツがはいるようになりました。

ブーツがはいるのが、見た目では自分でわかりにくいですが、
細くなった証拠です。

体重なんて結局関係なくって、
見た目が細くなっていけば、
それだけで、「スタイルいいね~」と褒めてもらえるので本当に嬉しいことです。

よく、モデルっぽいね・・・とか
モデルになったらいいのにって言われて有頂天になっていた時期がありました。

でも、それじゃあだめなんですよね。
オーディションには、そんな子がたくさんきます。
そんな子より上回るには、もっともっとが必要になるのです。

モデルとしてやっていきたいという夢がある限り、
私はこのむくみとりを続けようと思います。

Tagged: ·