目指せ読モ!自分史上最大のキレイを手に入れる方法
「読モになるには」「美容法」「おしゃれのセンスを磨くには」など紹介していきます。

骨盤って、きっと美容について研究しなかったら、出会わなかった言葉なのかもしれません。

ましてや、読者モデルを目指すとなると、気づくと、ウォーキングだとか、くびれが気になると、一番大事な場所の1つとして、「骨盤」が意識される、クローズアップされるんです。

骨盤を意識したトレーニングにするだけで、ぐっと、女性らしいくびれのある体に変身できるように様々なところで書いてあります。

骨盤を日頃意識するって、本当にすごく難しい話ですが・・・

例えば、私の骨盤美容法としては、
脚を組まないというのがあります。

カフェなどで座っていたり、ちょっとした時間だけでも、ついつい体をリラックスさせるために、脚を組んで座ったりしてしまう瞬間があります。

その時間が長ければ長いほど、体の歪みにつながるのはもちろんですが、
敷いては、体の一番大事な箇所の骨盤を歪ませてしまいます。

では、骨盤の歪みはなぜいけないんでしょうか。
端的に言うと、
骨盤が開いたり、歪みが生じたりすることで、
その開いた空間に脂肪やぜい肉がたまっていく場所が増えてしまうんです。

イメージすると、よく「おばさん体型」と言われるかたのおおくが、
ウエストまでは、寸胴でさらに、お腹がぼてっとしたまま、太ももにつながっていくという感じだと思います。

さらにその後ろ姿ときたら・・・これこそ最悪です。
お腹や腰周りから、お尻にムダな脂肪がついてしまうんですよね。

さらに、そういう箇所が増えれば増えるほど、
よく夏に見る、ブラジャーなどのしたや上に、ムダな脂肪が食い込んでいる姿を見たことがあると思います。

そういう姿って、自分ではまじまじと見る機会がありませんし、
人から指摘されることってまずありません。

言ってもらっても、それが骨盤のせいだと思う人も少ないのかもしれませんね。
ただ、太っていると思うのかもしれません。

でも、例えばその脂肪が、胸につくのと、
腰周りにつくのとでは、全然スタイルの見え方が違うのですよね。

このスタイルの見え方こそが、読者モデルにおいては、一番大事で、
どう見るか?どういうファッションでも着こなせるという部分では、
骨盤の歪みは、致命的になるんです。

それでも、救済があります。
骨盤ケアです。
こんな私でも、実は月に1度のペースで骨盤ケアに行っています。
その時は、正常な位置に戻っても、
やはり日頃の生活習慣だとか、歩き方、寝方など自分の無意識な部分で、少しずつ歪みを助長させてしまうことがあります。

その歪みを少しでも解消したいと思うと、骨盤ケアが大事になるんです。
骨盤ケアをしないで、ずっと放置しておくと、
骨盤をぐぐぐっとずらしていくことにもなりますから、
それをケアしていくということは、
美容を追求する上では、とっても大切だと思います。

骨盤ケア自体、すっごく短い時間でできますし、私は月の1度のペースなので、金銭的にもほとんど負担にならずにできています。
ちょっと太ったなあという時にも、骨盤ケアで、
気持ちの維持にも利用していますよ。

Tagged: ·