目指せ読モ!自分史上最大のキレイを手に入れる方法
「読モになるには」「美容法」「おしゃれのセンスを磨くには」など紹介していきます。

美容法を追求するのは、読モになるだけではなく、なれたあとに、その人の魅力の1つになると思います。
かりに、なんの美容の知識もなく努力もしていない人が読者モデルになっていたとしても、
読者の支持は得られにくいと思います。
読者は共感したいと思います。
「え~、あんなに綺麗なのに、あんなに努力しているんだ。一緒なんだ~。
私もあの人みたいに、あのやり方でがんばろう」とおもうと思います。

そう、読者の代表が読者モデルである以上、美容法はいろいろ試してみることが大切です。
美容の中で、一番大切なのが、メイクだと思います。
メイクの中でも、「目」は一番大切なものの1つだと思います。
人をみたときに真っ先に目がいくのが、まさに「目」だと思います。
その目の印象を変えるものの1つに、まつげがあります。
マスカラをせず外出した日と、マスカラをしっかりした日とでは、目力が違うのを感じると思います。
数年前は、まつげカールなど、まつげをくりんとさせることが主流でした。

そのあとは、まつげエッセンスなど、まつげを育てることに重きがおかれました。
けれども、今は、まつげエクステと、つけまつげの2極だと思います。
いつでも綺麗でいたいというのなら、
まつげエクステがお勧めですし、より一層きれいにと考えるのであれば、
その時のメイクにあわせておこなえるつけまつげも効果的だと思います。
美容1つとっても、メイクはどんどん進化しています。

そして、そのメイクの中には、流行りすたりがあります。
例えば、より目の人が、目頭側につけまつげをしてしまうと、
より一層目がよっていることが強調されてしまいますが逆にそれを利用して、
目尻用のつけまつげをつけることによりなんとなく弱点だった目の位置まで解消されてしまうという、
不思議な力も持っているんです。

ただ目を大きく見せるとか、目に力を持たせるのではなく、
自分に似合うメイク法を時代において確立していくことが、美容を追求する上でもっとも必要だと思います。
また、メイクの中でも唇も同様です。
時々唇の色がない人、おそらく口紅を塗り忘れてしまったのか?とれてしまったのか?
そういう方をみますが、非常に残念だと思います。
肌がどんなに美しくても、唇がガサガサだと、なんだかとっても残念にも思います。
ただスキンケアだけにこだわるのではなく、ただアイメークにこだわるのではなく、
メイクはやはりバランスということなのでしょう。

同様に、その色味もバランスが大事といえます。
例えば、アイメークをパープル系にしたのに、
唇もパープルでは、なんだかすみれのような顔になってしまいますね。
様々な色味があふれていますが、お洋服にあわせて、自分の顔立ちにあわせて、
自分の顔に似合う色を見つけ出すことも、美容を追求する上で、とっても大切なことです。
毎シーズン、また季節によりどんどん変化するメイクですから、
日々お化粧品との共存がもっとも必要なことなのかもしれません。

Tagged: ·