目指せ読モ!自分史上最大のキレイを手に入れる方法
「読モになるには」「美容法」「おしゃれのセンスを磨くには」など紹介していきます。

現在では、モデルの世界には純粋にモデルとしての活動によって生計を立てている方もいれば、他の仕事や学生をしながらモデル活動を継続して実施している読者モデル、所謂読モの2種類があります。
そのうち、現在注目されているのは、若者の独特の感性を持った読モです。

学生である場合が多く、年少者では10代前半の読モも活躍しています。
そもそも、モデルにはいくつかの種類があり、それぞれによって活動内容や推していくスタイルも変化してきます。
しかし、モデルとしての活動を継続していくためには、いくつかのポイントがあります。

おしゃれのセンスを磨くには

まず1つ目が『①おしゃれのセンスを磨くには』ということです。
やはり、モデルとして雑誌に掲載される身分であるので、他人よりもおしゃれのセンスが卓越していることが求められます。
おしゃれのセンスを身につけるための第1歩としては、自分に似合うカラーを探ることです。
自分に最も似合っている色を発見することによって、その色を貴重としたファッションスタイルを確立させやすくなります。

似合うカラーは1色ではファッションの組み立てに深みが出てこないので、2?4色のカラーを見つけ出し、その中から対照的な色の組み合わせや、同類の色の組み合わせなどを試行することによって、おしゃれのセンスが上がっていきます。
そして、モデルとしての活動には絶対的な美が求められます。

美容法

やはり『②美容法』はあります。
どれだけおしゃれにできていても、肌にツヤがなかったりしてしまうと、それが表情に影響を与えます。
近年のカメラの技術は目覚ましく進歩しているので、わずかなシミやシワなども逃さずにキャッチしてしまいます。
そこで、日頃からできるような美容法をそれぞれのモデルは実践しています。

読モになるためには

また『③読モになるためには』ということに関しては、誰でもなれるわけではありませんが、雑誌などのオーディションを受験することによって、比較的ゆるい審査基準でモデルを務めることができます。
有名な雑誌になると、毎年定例的にオーディションが開催されることもあり、そこに当選することによっても読モとしての活動ができるようになります。

読モ出身の有名人

そして、『④読モ出身の有名人』ですが、代表的な方々を挙げると、木村佳乃さん、叶姉妹さん、小雪さん、山本梓さん、壇れいさんなどです。

⑤ブームのきっかけ
また『⑤ブームのきっかけ』としては、雑誌などでの投票や評判が著しく良い場合には、それが評価の対象となって、表紙を飾ったりテレビ出演などが仕事として入ってくるようになります。
他のパターンであれば、独特のキャラクターを持っており、それが飾り気のない純粋なものであれば視聴者の心を動かすことにもなります。

コンテンツは①から⑤の5つのカテゴリーになります。